田中バイオリン教室
本文へジャンプ
講師紹介






  
 田中 謙一郎 (Tanaka Kenichiro /ヴァイオリン・ビオラ)



  
  
北海道に生まれ、4歳よりヴァイオリンを始める
  
国立音楽大学、ドイツ国立デュッセルドルフ音楽大学大学院にてヴァイオリンを学ぶ。
  
在学中より、オーケストラの客演や、ドイツ、オーストリア、ベルギーの国際音楽祭にて
  
ヴァイオリンソロ、室内楽などの演奏会に出演。オーストリア・ウィーンにて
  
オーディションに合格、パシフィック・ミュージック・フェスティバルに全額奨学生として参加
  
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、ヒューストン交響楽団の
  
首席メンバーらと協演。日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、
  
オーケストラアンサンブル金沢、広島交響楽団などにて演奏活動を行っている。
  
これまでにヴァイオリンソロを大関博明、尾関えりか、ゲオルグ・ハムザ、豊田耕児、
  
ウェルナー・ヒンクの諸氏、室内楽をギュンター・ヘーグナー、ヘルベルト・ドレクセル、
  
ウェルナー・ヒンク、クリストフ・エッシェンバッハの諸氏に師事。

  
2001年春と秋の荻窪の音楽祭に招かれ演奏し、いずれも好評を博す。
  
同年9月には、セシオン杉並において洋絃会に出演し、2002年には春と秋にリサイタルを行い
  
2004年2月には東京において初めて自主リサイタルを開催し、あわせて高い評価を得ている
  
今日に至るまで、ソロ、室内楽、オーケストラの演奏活動を幅広く行っている
  
また現在は、TV番組等での演奏、指導、ヴァイオリン監修や新聞、雑誌、
  
テレビ等のメディアにおいて出演・掲載されるなど多方面で活躍している。
  
こうした活動の一方、全国学校合奏コンクールをはじめ数多くのコンクールで
  
審査員を務めるなど、後進の指導、育成にも意欲的に取り組んでいる。
  
  
1999年より定期的にソロリサイタルを開催している。
  
いままでにフランス、イタリア、オランダ、イギリス、アメリカなどにて研修を行なっている。
  第1回 JASTAフレッシュコンクール 実行委員長 同コンクール審査員 
  第2回 JASTAフレッシュコンクール実行委員長 同コンクール審査員、
  JASTA STRING FESTIVAL 指揮者、(社)日本弦楽指導者協会 理事。
 
  現在 日本弦楽協会 会員 
      日本バイオリン指導者協会 会員 
      日本ビオラ指導者協会 会員
      日本チェロ指導者協会 会友
      日本コントラバス協会 会友


                                           インタビュー・掲載誌